文化財保存活用地域計画

小野市では、指定・登録の有無に関わらず文化財を総合的に保存・活用するための目標や具体的な取り組み内容を定めた「小野市文化財保存活用地域計画」を作成します。
私たちの祖先は、豊かな自然環境のなかで歴史をつむぎ、文化を育んできました。これまでに受け継がれてきた歴史文化は、私たちの誇りとなっています。しか し、近年の社会情勢の変化により、少子高齢化が急速に進んでいます。それに伴い歴史文化の保存・活用はどうあるべきか、どうしていかなければならないかが 今、問われています。
このような背景のもと、市民の皆様と一緒になって、文化財を守り、活かし、未来へと継承することで、オンリーワンの小野市を創造するための計画を作成します。
今後、市内文化財の悉皆調査、市民ワークショップ、パブリックコメントの募集等を行う予定としております。詳細が決まり次第、随時情報を掲載します。
小 野市では、「小野市文化財保存活用地域計画」を作成するにあたり、公募型プロポーザルにより支援業務の受託者を選定します(※)。
希望者は次のとおり応募してください。
※受託者の募集は終了いたしました。
1.業務の概要
(1)業務名称   教文第2号 小野市文化財保存活用地域計画作成支援業務
(2)業務内容   仕様書のとおり
(3)履行期間   契約締結の日から令和4年3月31日まで
(4)予算上限額 令和3年度3,600,000円(消費税及び地方消費税額を含む)
2.スケジュール
令和3年5月24日(月曜)  公告(実施要項・仕様書等公表)
令和3年5月24日(月曜)  質問受付開始
令和3年5月31日(月曜)  質問への回答日
令和3年6月  8日(火曜)  参加資格確認結果の通知、企画提案書の受付開始
令和3年7月  2日(金曜)  プレゼンテーションの実施
令和3年7月  7日(水曜)  審査結果の通知、公表
3.実施要項・仕様書等
公募型プロポーザル実施要項<PDF>303KB
公募型プロポーザル実施要項<WORD>28KB
仕様書<PDF>446KB
仕様書<WORD>22KB
様式一覧<PDF>153KB
様式一覧<WORD>29KB
4.審査結果
公募型プロポーザルにより審査した結果、次のとおりとなりました。
・参加資格者 2社
・最優秀提案者 株式会社スペースビジョン研究所